冨士屋旅館は北海道の羽幌町では一番の老舗旅館です。旅館へのご宿泊の他、ご宴会・法事・お祝い事等には料亭「羽鱗」を是非ご利用下さい。
  • 北海道羽幌町 冨士屋旅館 御電話0164-62-2078
  • インターネット予約はこちら
  • トップページ
  • 旅館案内
  • お部屋紹介
  • 料理のご紹介
  • 宿泊料金
  • アクセス
  • ブログ
Entry: main  << >>
【炭鉱に輝いた歴史03】 築別坑跡地


引き続き今日も羽幌炭坑跡地のご紹介です。

先日の羽幌本坑跡に続いて、3つの跡地の内の「築別坑跡地」を訪れてみました。
築別坑の当時の人口は昭和42年3月で6,138人もの住民がいたそうです

築別炭鉱は、明治期に鉱脈が発見されたそうですが輸送手段がなかった為、開発が本格化するのは、昭和に入ってからだったそうですね。道内の炭鉱が閉山をよぎなくされても、羽幌炭鉱は合理化、機械化を進め優良炭を産出していったそうです。

道路脇に残るホッパー(選炭工場)です。
ホッパーの側面には「羽幌鉱業所」と記されていました。

007.jpg

橋をわたったすぐ傍には火力発電所跡の煙突と消防署の廃墟が佇んでいます。
損傷が激しいですね。かろうじて原型を留めているといった感じです。

008.jpg

今も残るアパート。この炭住が完成して間もない頃に炭鉱は閉山したそうです。
完成から2年ほどしか使われなかったそうで、寂しげな廃墟が印象的です。

010.jpg009.jpg

この線路は、羽幌炭鉱鉄道跡ですね。
羽幌炭鉱鉄道は、旧羽幌線築別駅から築別川に沿って内陸部にむけて走っていました。

011.jpg

5/30には羽幌町観光協会が催す「炭鉱遺跡を訪ねる・三炭周遊」バスツアーがいよいよ開催されますよ

参加のみなさんはぜひ楽しんで行ってきてくださいね


kouhei

| 冨士屋旅館 | 17:17 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2010/10/25 1:25 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2012/07/30 11:45 PM








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Entry


Category


Profile


Search


Comment


Trackback


Archives


Feed


Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
ページの先頭へ戻る